コラム記事

電話中のムードを盛り上げる演出テクニック

電話Hをする時に照明を暗くしてムードを出したり、アロマやお香を焚いていつもとは違う空間を作り出すことでエッチな気分を盛り上げてくれます。
電話中のムードを盛り上げる演出テクニック

 

照明を暗くする、落とす

蛍光灯などの明るい電気をつけたままだと、エッチなムードってなかなか出し辛く電話エッチの世界に入り込むのが難しいです。

 

リアルでエッチする時と同じく、電話エッチもムードが大切。

 

電気の暗さを調節できたら暗い電気に切り替えてみましょう。電話中の相手の声が不思議と色っぽく感じます。日中ならカーテンを閉めるだけでも充分ムードがでてきます。

 

アロマを焚く

香りは目には見えませんが、感情や行動に働きかける効果があります。どんな気分で電話エッチをしたいかで香りを変えてみるのも楽しいです。

 

自分から積極的に指示したい時

 

ペパーミント
ローズマリー
オレンジ

 

は、頭をスッキリさせて気持ちを高めてくれる効果があります。ドSチックに責めたい気分の時などに有効です。

 

まったりエッチを楽しみたい時

 

ラベンダー
ユーカリ
マジョラム

 

は、心を落ち着かせてリラックスし、高ぶった感情を沈めてくれる効果があります。

 

紹介したアロマは人気の香りなので入手しやすくお手軽に使えます。

 

良い香りを嗅ぐと、近くに女性がいるんじゃないかという感覚にもなれますのでアロマと電話エッチとの相性は抜群です。

 

目を閉じる

 

音声通話でエッチしている時に目を閉じると、視界に入ってくる情報をシャットアウトできるのでより耳に意識が集中するようになります。

 

耳に意識が集中すると相手の声や息づかいにより耳を傾けることができるので、快感を得やすくなります。

 

そこに相乗効果でアロマの匂いや暗くした照明が閉じた瞼の上からやさしく演出してくれるので本当に気分をエッチな方向に持っていきやすいです。

 

電話エッチは好きだけど、集中できなかったり緊張したりすることがある方は耳で聴く以外の部分にこだわってみると今までにない電話エッチ体験を楽しめるようになります。