テレクラの電話エッチのサクラの子が頑張ってる事実

テレクラといえばサクラですが主にツーショットダイヤルのサクラのことを言っていると思います。

しかし電話エッチコーナーにもちゃんとサクラはいるんですが実はあまり認識されてない。
その理由は普通にテレフォンセックスしちゃっているから。

ツーショットダイヤルなら話しててその気がありそうにみえて「会える?」というような質問をすればはぐらかしたり「うーん、もうちょっとお話して決めようかなって思ってる」と気を持たせるので途中でサクラと気づくことも多いんですがテレエッチだと最初から最後までやらせてくれるので気づけ無い人が多いんです。

あえて気づくことがあるとすればサービスが良すぎて気づく可能性があるくらいでしょう。

彼女たちはサクラなので手を抜いて男性に電話を切られてしまわれないようにキッチリ仕事しちゃうんです。そのせいで普通の女性よりも過激なオナニーになりがち。

テレクラによってはオナニーの淫水音を出すためにスライムを作ってそれをかき回してグチュグチュ音を出すマニュアルもあるそうです。

また男性のゴキゲンを損ねないように要求されたプレイはほぼやってくれます。変態すぎるとやったフリのことも多いですがマニュアルに記載されているプレイならまずバレないやり方でやってますね。

テレセのサクラは気づかれにくく、スッキリさせてくれるのでツーショットダイヤルでサクラにうんざりしている人は電話エッチコーナーを使ってみるのもいいかもしれません。

電話エッチの遊び方(中級編)

前回電話Hのやり方(初級編)で基本的な流れを紹介させていただきました。今回は具体的な電話エッチのプレイ内容に触れてみようと思います。

まず電話エッチには大まかに分けて二通りのやり方があります。
それは「電話オナニー」と「電話セックス」タイプです。

【電話オナニーのやり方】

電話オナニーとはテレホンセックスでお互いオナニーしながら喘ぎ声をきかせ合い、どうオナニーしているかなどを説明することです。
また相手に「乳首立ってる?」「オナニーの音聞かせて」など指示することもあります。

おそらく未経験の人が想像するようなやり方がこの方法だと思います。オーソドックスなやり方で誰でも初められて楽しめるメリットがあります。

反面プレイの幅を広げづらく、ワンパターンになりがち。マンネリになりやすいデメリットがあります。

それを回避するためにソフトSMプレイや色んなところでオナニーしたり、野菜オナなどマニアック趣味を試してみる人も少なく無いです。

【電話セックスのやり方】

電話セックスは電話でイメージプレイをするサイバーセックスの一種です。簡単にいえば電話越しにフェラはできませんが「したつもり」になって楽しみます。声だけでの行為なので難しいと思われがちですが単純に男が「フェラして」といったら女性がヨダレを貯めたりしてジュポジュポ音を立てる、挿入するときも「入れるよ」と言って「ああ、入った…」と伝えてそれっぽくやればいいだけです。

デメリットとしては初心者には恥ずかしさが大きく、いきなり言われても戸惑う事。このプレイをやりたいと思わなければやらない人が多いややマニアックなプレイです。
しかしある程度電話エッチをしていると半分近くの男女がこのプレイをする相手に出会い、なりゆきで初めてそのままハマってしまうパターンが多いので電話オナニーと二分するプレイ方法です。

メリットはプレイの幅が広くなり、飽きが来ないこと。熱中しやすく妄想力が高い人ほど様々な方法を思いつくことができます。
また相手とセックスしているという共感度が高くなりやすいのでテレセフレになりやすいのもこちらのプレイが多いです。

基本的にはこの二通りですが、マニアックな電話エッチもあります。
そちらの方はまた次回の記事でまとめますのでよろしくお願いします。

電話エッチのやり方(初級編)

電話エッチをはじめてすると前知識なしの場合はほとんどの人が失敗します。
遠距離関係の彼女や奥さんに電話エッチをお願いしてやっとプレイにこぎつけたとおもったら自分だけが気持ちよくなって相手はこっちに合わせてくれてるだけで楽しくなかった…もうやりたくない。と言われたりはよくあることです。
他にもネットナンパでスカイプなどでエッチな雰囲気になってエロイプになったけどお互いのプレイが噛み合わなかったり、テレクラで経験者の女性としたときに経験者じゃなきゃわからないことだらけで戸惑って呆れられたりなんてのもよくあること。

今回はそんな電話エッチ初心者向けの簡単な流れを解説していこうと思います。

1…雑談
実はこれが一番大事。お互いにコミュニケーションをとってリラックスした関係にならないとダメなんです。電話越しとはいえセックスなので一人よがりはダメなんですね。この雑談でさりげなく下ネタにいったり、エッチな話をして女性をその気にさせていきましょう。挨拶からいきなりオナニーしろといわれて楽しめる女性はいません。

2…前戯
いきなりオナニーもいいんですが、まずは前戯でさらにムードをあげたいところです。雑談でエロ会話したムードから女性に胸を触らせたり、パンツの上からかるくこすらせるなどもいいですね。そしてやらせるだけでなく会話で指示したり何をしてるか実況することでお互いにセックスしているという気持ちを共有させていきます。擬似セックス的な電話エッチなら「女性にクンニする」というのを男側が電話越しに口の中にヨダレをためてジュルジュル音をだしてクンニしてる風にしたり舐めてるような音を聞かせて女性側にクンニをイメージさせるなどもあります。

3…本番
前戯もおわってお互いもうガマン出来ない状況になったら本気オナニーです。女性も下着を脱いで寝転んだりオナニーしやすい格好になります。ここからは指示をしても本気でオナニーしてて伝わらないこともあるので相手の呼吸を読んで話しかけるタイミングを見ましょう。相手がヨガるのをやめて一息入れた時などがいいです。
そして絶頂するときは事前に「いきそう」と伝えること。勝手に黙っていかれてしまうと相手にとっては激萎えです。なるべく同時にいけるように早め早めに絶頂をコントロールするようにしましょう。

4…後戯
オーガズムを迎えてもそこで「ハイ終わり」と電話を切るのは絶対にアウトです。終わった後は必ずピロートークをいれましょう。エッチの感想でもいいし、今度してみたいプレイなどをまぜるとうまく次の約束をこぎつけることができます。

― まとめ ―
電話エッチのプレイ内容は数をこなしていくしかないですがこの流れをしっていれば相手がド変態でマニアックプレイをしたいという場合でもなければまずなんとかなります。
プレイやテクニック、あると便利な小道具などまた別記事で更新していきます。

電話エッチを楽しむ為に

denwah電話エッチはカップルや夫婦が普段の性行為にマンネリしている時や単身赴任、遠距離恋愛の時に行ったり、その日に出会った初めての相手としたり、人それぞれ楽しみ方が違います。電話エッチをしてみたいけど仕方がわからない方、どこで相手を見つけたらいいのかわからない方の為に、初めてでも電話エッチを楽しめるやり方をご説明しております。カップル同士で楽しむ電話エッチは基本的に相手の電話番号を知っている形でスタートできるので相手を探す必要がありませんが、初対面の相手を探している場合は相手探しをする必要がありますのでその相手探しできる番組のご案内も併せて行っております。

番組サイトでは自分のタイプ、地域などを細かに設定して検索することができるので恋人や夫婦と同じ、それ以上に気の合うエッチなパートナーが見つかるので相手がいる場合でも特別な存在の電話エッチのパートナーを探すのも良いでしょう。長く付き合っていてもエッチの相性が良くないという悩みが生まれることがありますが、相手の身体を直接触れない電話エッチは相手が「どうしたら気持ち良くなってくれるのか」というSEXの基本的な部分を思い出させてくれるので非常に有効です。また、当サイトでご紹介している番組には無料でお試しできるポイントが貰えるので気軽に利用可能なので初めての方でも安心して利用することができます。